トップ / 美容外科の前に顎を小さくするマッサージ

美容外科で顎を小さく

美容外科の前に顎を小さくするマッサージ

美容外科に行く前にマッサージで顎を小さく

私はそもそも顎の骨が遺伝的に長いので、すでに美容外科での顎削りを決めているのですが、顎削りをするにあたっても、施術前にしておいた方が良いというマッサージを教わりました。

小顔を作るためのリンパマッサージをしたことがある人なら簡単にできることだと思います。もちろんこれは自分でできるマッサージです。

先ず、顎から耳たぶの下にかけての筋肉を、指の腹を使って持ち上げるように、優しくマッサージをします。このマッサージで、顔から首当たりの老廃物がリンパに沿って流れやすくなります。一旦持ち上げたリンパの流れは、ゆっくりと首筋の方へ下ろし、そのまま鎖骨に沿って流すようにしましょう。

このマッサージでは、筋肉もほぐれるので顎は引き締まり、小さくすることができます。なぜこのマッサージを骨削りの手術をする人もした方が良いのかというと、顔の不要なむくみを取ることができるから。顔のむくみが取れれば、本当の顔のラインがわかるので、手術をする際のライン取りがしっかりとできるのです。

以上は自分で行うマッサージの方法でしたが、骨気(コルギ)と言って、プロが施術する顔の矯正マッサージもあります。ちなみに骨気とは、骨の形を矯正するために行われるマッサージで、通常行われる小顔マッサージより費用はお高め。

ただリンパマッサージと異なり、骨に直接アプローチするタイプのマッサージなので、遺伝的に骨の長い顎の人でなければ、この骨気だけでも顎を小さくすることもできるようです。

私は美容外科での手術をするにあたり、自分でのマッサージと骨気で「これ以上は美容外科でやるしかない」という部分まで、顎を小さくしていました。