トップ / 美容外科以外でも歯列矯正で顎を小さく

美容外科で顎を小さく

美容外科以外でも歯列矯正で顎を小さく

美容外科だけでなく歯列矯正で顎を小さく

私は自分の顎の長さが父親に似ているので、絶対的に遺伝要素強いと思っています。だからこそ、私の顎に関しては美容外科で小さくしよう!と思っているのですが、一方で、私ほど長い顎でなければ美容外科以外の方法でも顎を小さくすることはできます。

美容外科以外で顎を小さくする方法として比較的メジャーなのは歯列矯正。顎が長い人って、私を含め受け口でなくても顎そのものの骨が長い人と、受け口になっているから顎が一般以上に長く「見える」人がいるのです。この「受け口のせいで顎が長く見える人」というのは、美容外科で顎の骨を削らなくても、歯列矯正で受け口を治せば顎は小さくなります。

他にも、受け口にではないのだけれど、単に歯並びが悪いということで姿勢も悪くなって、頬杖をつくクセができて顎が長くなっている……という人もいるので、そうした歯並びなどが原因で顎が長くなっている人は実は結構多いのです。ですから、歯が原因で顎が長くなっている人に関しては、多くが歯列矯正で顎は小さく改善できるそうです。

具体的には、受け口の人って顎がしゃくれてしまっているように見えるのですが、歯列矯正で受け口を治すことによって顎が通常の位置に戻り、顎が小さくなったよう改善できます。実際に噛み癖なども矯正できるので、筋肉の付き方も改善し、顎は受け口を治す前より明らかに小さくできます。

こうした歯列矯正は、通常の歯科でももちろんできるのですが、美容目的と言う意識が強いのであれば、美容に関しても相談ができる審美歯科に行くのがおすすめです。ただ審美歯科ってあまり行った経験のある人ばかりではありませんよね。そうした人は、通っている美容外科と提携している審美歯科や、美容外科と同じ系列の審美歯科を選ぶと不安が少なく治療を進められます。